特徴
ガスバーナーは、ガスを燃やして熱源にする器具(学校の実験で使うものは、テクルバーナーという)。使うガスの種類(プロパンガス、都市ガス)に適した規格のものを使うこと。
使い方
ガス量調節ねじと空気量調節ねじがきちんと動くことを確かめて、いったん締める。ガスの元栓を開く。
火をバーナーの口に横から近づけて、ガス量調節ねじを開いてガスを出し、点火する。火の大きさをガス量調節ねじで加減する。
ガス量調節ねじを押さえて動かさないようにして、空気量調節ねじを少しずつ開く。黄色くて明るい炎を、青白い炎にする。
消すときは、空気量調節ねじ、ガス量調節ねじ、ガスの元栓の順に閉めていく。
管理
実験の前に点火するかすべて確認しておく。火がつかないものは分解して、中のごみを取り除き、ねじにグリースを塗っておく。
使い終わったばかりのガスバーナーは熱いので、冷えてからしまう。ガス用のゴムホースは熱や直射日光に弱いので、冷暗所にしまう。
ひびの入ったゴムホースはガス漏れの危険があるので、早めに新品に取り替える。
注意点
点火時に炎が円筒の中に吸い込まれるように消えた場合、そのままもう一度火をつけると、炎が吹き出すことがある。
ねじを一度閉めてから、火をつけなおす。
炎は絶対に吹き消さない。ねじを閉めて消す。
火がついたまま横に倒れたら、あわてずに立て直す。もしくは、すぐに元栓を締めて火を消す。
換気を気にして窓を開けると、風で火が消えたりするので注意。
ガスバーナーが、プロパンガス用か都市ガス用のどちらであるかを必ず確かめる。