マルチメディアで見る原子・分子の世界
戻る

解説:気体反応の法則
ゲイ・リュサックの気体反応の法則(1805年)

タイトルイメージ

水素と酸素が反応して水ができるとき、これらは簡単な整数の体積比(2:1)で反応する。このような関係は後に他の気体反応についても成立し、反応する気体だけでなく、生成する気体についても整数比が成り立つことがわかりました。

Copyright all reserved by JST, 2002 戻るページの先頭へ